カウンセラーで、やる気のある方大募集


by tosgeflfct

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 退職後の生活は、現在の生活よりも良くなっていると思いますか? この質問に対し、「はい」と答えた日本のビジネスパーソンは18.5%に対し、韓国人は49.2%にも達していることが、フィデリティ投信の調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 一方「悪くなる」と答えた日本人は49.5%、韓国人は12.1%。「韓国のビジネスパーソンは『いまの高齢者よりも良くなる』と感じている人が多い。経済成長率の差のほか、高齢者への家族の関わり方などの差も影響しているのではないか」(フィデリティ投信)としている。

 退職後の生活費として、どのくらい準備しているのだろうか。日本人の平均金額が516万円に対し、韓国人は497万円(1ウォン=0.08円)とほぼ変わらなかった。ただ「まったく準備できてない(0円)」という日本人は44.3%だったが、韓国人は29.5%にとどまった。年代別で見てみると、20代では日本人58.2%、韓国人44.6%と大きな差はなかったが、30代では日本人52.0%、韓国人23.7%という結果に。韓国では30代になると、退職後の準備を始めている人が多いようだ。

●退職後の生活資金

 退職後の生活に、どのくらいの資金が必要だと考えているのだろうか。公的年金以外に必要な資金を聞いたところ、「1000万円〜5000万円」と答えた回答者数は韓国人(62.9%)よりも、日本人(67.4%)の方が多いという結果に。また「5000万円以上」と答えたのは日本人(14.5%)よりも、韓国人(18.9%)の方がやや多かった。平均金額を見てみると、日本人2989万円に対し、韓国人は3310万円だった。

 また退職後の資金を作り出すのに重要だと思う方法を聞いたところ、日本人は「預貯金を使っての備え」(45.8%)と答えた人がトップ。このほか「退職金・企業年金の充実」(25.1%)、「資産運用」(19.9%)と続いた。一方の韓国人も「預貯金」(33.8%)が多かったが、「不動産」(33.2%)と答えた人も目立った。

 インターネットまたは電話による調査で、日本と韓国のビジネスパーソン1万1602人が回答した。調査期間は2月〜3月。

【関連記事】
ボーナスの支給日と会社を辞める日の関係
新入社員に聞く、35歳時点での“理想”と“現実”の年収はいくら?
不安なのに準備ができていない……ビジネスパーソンの4割が“老後難民予備軍”

国の不作為責任が焦点=アスベスト健康被害で判決へ―大阪・泉南地域29人訴え(時事通信)
参院定数を40程度削減=民主、参院選公約で明記へ(時事通信)
化けものが酒の振る舞い=山形県鶴岡市〔地域〕(時事通信)
口蹄疫 種牛49頭の救済要請 農水省、結論示さず(産経新聞)
常用漢字改訂案を了承=来月にも答申へ―文化審(時事通信)
[PR]
by tosgeflfct | 2010-05-26 19:02
亀井金融・郵政担当相は14日の閣議後会見で、「連立を組んでる友党が、税制や経済政策について出してくる方針は極めて関心がある」とした上で、高まる消費税引き上げ議論に慎重な姿勢を示した。

亀井氏は国内の経済状況を「井戸」に、税収を「井戸水」に例え、「水がかれてきた井戸につるべを何本降ろしたところで、それで水がくみ上げられるはずはない。井戸水を豊かにすることを真剣に考えていくべき」と、消費税率を上げるより経済成長を優先させた対策を考え、税収を増やすべきだという考え方を述べた。

「それ(経済成長)に役立つ税制は当然考えていくべきだが、今やっている消費税の税率をそのまま上げることは、井戸水をくみ上げることになるのか、その井戸を余計にからしてしまうのか。そのあたりの判断をきっちりとやっていく必要がある」とし、安易な消費税率引き上げを牽制した。

ただ、その一方で、菅財務相の「増税しても使い道をまちがえなければ景気はよくなる」という発言には「すべてが間違っているとは思わない」と、税制全般の議論については一定の理解を示した。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金】CO2は増える?減る? 国交、環境両省が正反対の試算結果
青木自工会会長「次世代エコカー普及には支援策必要」
ママが欲しいのは タント と ステップワゴン
金融庁 特別編集

ペコちゃん盗で懲役5年=「換金目的で身勝手」―和歌山地裁(時事通信)
<トヨタ社長>「24耐」出場見送り…周囲の猛反対で(毎日新聞)
京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判(産経新聞)
フジ・メディア、最終利益が半減 広告収入落ち込み(産経新聞)
シンカイヒバリガイ新種 3000万年前の化石発見(産経新聞)
[PR]
by tosgeflfct | 2010-05-17 15:05
 愛知県南知多町の観光農園「花ひろば」=小笠原辰夫さん(70)経営=で、シバザクラが見ごろを迎えている。赤い花を咲かせるダニエルクッションや、白い花のモンブランなど5種約12万株が約1.7ヘクタールの丘を染め、来園者の目を楽しませている。

 昨年2月から植栽を始め、今春に丘を染めるまでに育った。来春までには花文字も完成する予定という。小笠原さんは「今月末までは見ごろで、菜の花の黄色とのコントラストも楽しんでもらえます」と話す。

 開園時間は午前8時〜午後5時。大人600円、子供200円。問い合わせは花ひろば(0569・65・2432)。【大竹禎之】

【関連ニュース】
芝桜:みさと芝桜公園で5分咲き 入園料徴収開始 /群馬
みさと芝桜公園:寒くて咲かず…入園料徴収を延期−−高崎 /群馬
スイセン:黄色い花、鮮やか−−上田・信州国際音楽村 /長野
シバザクラ:赤や白、ピンクの花が一面に−−平塚 /神奈川
府谷シバザクラまつり:多彩に 菜の花、桜も競演−−岩国で、きょうまで /山口

<普天間>外務・防衛審議官級協議開催へ 意見を交換(毎日新聞)
<ホラー小説大賞>ふりーくかなさんの「あゝ人不着紬」に(毎日新聞)
<やずや>採用試験の自己PR動画 閲覧状態2週間(毎日新聞)
<口蹄疫>周辺4県影響 競りや催し中止続々 九州(毎日新聞)
正常なアプローチでない=徳田氏と面会の首相批判−伊仙町長(時事通信)
[PR]
by tosgeflfct | 2010-05-01 01:49